鼻の下の黒ずみの原因は間違った自己処理

鼻の下の産毛を自己処理するといちばん起こりやすのが鼻の下の黒ずみ。初めのうちはカミソリや毛抜きで自己処理しても問題はないのですが、「なんとなく鼻の下が黒ずんで見えるようになってきた・・・」と思ってきたら要注意!

 

かみそりや毛抜きによる自己処理で鼻の下が炎症を起こしてしまいます。そうすると肌は炎症から肌を守ろうとしてメラニン色素を出します。紫外線を浴びると体が日焼けする原理と基本は一緒。

 

メラニン色素は自己処理を続けることで少しずつ目立つようになって黒ずみの原因になるのです。これは炎症性色素沈着と呼ばれています。

 

またもう一つの原因として考えられるのが埋没毛。自己処理を続けると毛穴をふさいでしまい、うぶ毛が毛穴の中で出るに出れない状態になってしまうことで、毛穴の中でとどまってしまいうっすらと黒ずんでしまうことがあります。これも鼻の下の黒ずみの原因となります。

鼻の下の黒ずみを改善するにはどうすればいいの?

カミソリや毛抜きによる鼻の下の黒ずみ(炎症性の色素沈着)肌のターンオーバーによって自然と治ることが多いようです。

 

ですので、保湿をしっかりと行い、美白ケア化粧品を使ってあげると比較的早く治ると思います。

 

ただ、自己処理を続けてしまうと常に刺激にさらされるため黒ずみの改善は難しいです。

 

また、埋没毛の場合でも自己処理によって毛穴がふさがれてしまうことが原因なので、自己処理をしないで鼻の下の産毛を処理する方法が必要になります。

 

 

とにかく鼻の下の黒ずみが気になりだしたら、自己処理は絶対にしないようにして、肌の負担をかけない脱毛方法で鼻の下の産毛の処理をすることが大切です。

 

 

⇒肌の負担をかけない脱毛はやっぱり脱毛サロンがいちばんです